外国製のサプリ成分には極めて要注意

「知らないほうがいいこと」というのがあります。それを知ったら、何も口にできなくなるかもしれません。日本は安全基準の非常に高い国なので、外国の方々もわざわざ日本に来て化粧品なり、健康食品などを買っていきます。

外国の食品安全問題は深刻ですが、日本であれば安全というわけでもありません。
なぜなら、日本で売られている製品も、実際には外国の工場で作られた成分で作られていることがあるからです。安いと評判の育毛サプリgungun(ぐんぐん)は問題ないのでしょうか?本当に安全なものだけを口にしたい人のために、サプリ界の真実をここに記します。

医薬界とサプリ界の安全基準


サプリメントというのは、「健康補助食品」という位置づけです。
つまり医薬品ではないということです。つまり、医薬品を作る際に求められている高い安全基準が求められることはありません。医薬品が不衛生な状況で作られると、何万人もの人々に健康被害が生じるので、医薬品を作る製薬メーカーはGMP(適正製造規範:Good Manufacturing Practice)の認定を受けた工場でのみ、医薬品を製造することができます。

これは高い衛生基準が保たれ、不純物が入らない製造過程であることが認められていること、そして品質の管理がきちんと行なわれており、製品の成分に変化がおき得ないことが認められていること、この2つの基準を満たしてはじめて医薬品を製造できるということです。
しかしサプリメントはこの製造基準を満たす義務はありません。よって一部では恐ろしいことが生じているのです。

安全なサプリメントを選ぶには

サプリ界には上記のように品質管理の基準がありませんが、それでも安全なサプリメントを購入する方法があります。
それは医薬品を作っているのと同じ工場で作ることです。サプリメントではあっても口にするものですから、企業自らGMPの認定工場のみで製造を行なっているサプリメント会社もあります。製造過程は清潔に保たれますし、品質も一定に保たれるでしょう。
育毛サプリgungun(ぐんぐん)は定期購入なら3980円と他と比べて安いのですが、それでもGMP認定工場で製造されています。安全性は確保されていると言えるでしょう。

育毛サプリgungun 副作用は?

高い基準で作られているものであっても、副作用は心配です。
gungunの成分の中に副作用があるものはないか調べて見ました。評価できるのは亜鉛が含まれていないことです。サプリによる亜鉛中毒がよく問題となります。育毛効果があるといわれている金属ですが、日本人は毎日食べるご飯にもわずかに亜鉛は含まれているので、別にサプリメントを通して取らなくてもよいのです。

唯一副作用の可能性があるは、αリポ酸でしょう。これは2004年3月までは医薬品でした。効き目があるだけに含まれているのですが、副作用として一部の人は、動悸が起きるということが報告されています。
ですが病気になったり命の危険に陥るようなことは一件も報告されていません。摂取をやめれば自然回復するようです。全体的に言えば、GMP工場で作られている育毛サプリgungunは安全かつリーズナブルな製品と言えるでしょう。